上司と部下のコミュニケーションの事例

NO IMAGE

会社はマクロ的な視点で見るとユニット構造をしていることが通常であり、上司と部下がおり部署を形成し、複数の部署が仕事のパートをそれぞれの役割分担でこなすことで運営を行ってゆきます。

上司と部下のコミュニケーションはなぜ必要か

さらにメーカーならば製造部門の現業職や、物流部門であるロジスティック販売部などがあるかもしれません。

情報共有の活性化

総務部や経理部などのバックオフィス部門や、営業や販売などの顧客にダイレクトに接するフロントオフィス業務など、役割はさまざまなのです。

目標達成の早道

会社の中では縦軸と横軸の人間関係が重要だと言われており、横軸のブリッジは部署間の意思統一や連携です。縦軸は上層部に行くほど経営陣や経営者に近付き、ミクロ的に見れば上司と部下の関係になります。

社内の雰囲気

明確に部署が分かれている場合や、会社によって線引きが横断的で曖昧なケースもあります。

コミュニケーション不足の事例

企業によって文化は異なり、アイデアや仕事のシステムを現場が主導する場合にはボトムアップ構造、経営陣が決定権を強く持つ場合はボトムダウン構造と呼ばれる形式になるのです。

社員の満足度あがる

部下のコミュニケーションを向上させる

話しかけやすい雰囲気を作る

企業文化やビジネス習慣によって異なるものの、重要なことは会社の意思決定を円滑に行うためのコミュニケーションが充実していることが大切になります。


人間のコミュニケーションの基本は聞くことや話すことにあり、言葉を通じて意思疎通をするバーバルコミュニケーションを行う比率が高くなっているのが特徴です。

つまり言語化による交流をしながら情報交換を行い、仕事を進めてゆくことになります。

非言語コミュニケーションはマナーやモラルに関する役割を担っており、たとえば同じ会社内でも敬語を使い合ったり、廊下ですれ違ったら目礼の挨拶を交わすなどの礼儀作法です。


コミュニケーションは特別なことではなく、日常から行っているレベルで構いません。

一般的には上司はマネジメント層になるために、情報を伝えるために報連相を行い指示を仰ぎます。上司は課長や部長と情報共有を行い、さらに経営層へ伝達して今度は逆の経路で、現場社員へフィードバックしてゆくことが報連相コミュニケーションの理想であり、一方通行ではなく双方向性を持たせることで会社の意思決定をしてゆくことが重要です。