部下への期待をメッセージで伝える時の3つのポイント

NO IMAGE

部下のモチベーションを高めるメッセージの発信 「顧客、社員、会社の期待」の3つの視点からメッセージを考え、それを基にオリジナルのメッセージを作成しました。作成したメッセージは、全社員に配布し、常に意識付けを行うために活用しています。また、顧客や取引先の会社にも送付し、コミュニケーションの向上にも役立てています。

期待に応えられるメッセージ

仕事は部下が育つほどに組織の運営が良好なものになりますし、安定的に部下を育てられる環境が構築できれば非常に長期的視野で組織と経営などあらゆる事が安定的になります。
そのように、部下を育てるためには上司が期待を持っている事を正しく伝える必要がありますが、相手にとって受け入れやすい上に期待に応えられるメッセージを送る時にはポイントを抑えるのが大切です。

多くの人を助けることを理解

期待を込めてメッセージを送る時に大切な事の1つ目は、日々行っている仕事が組織のみならず社会的に見ても大きな意味を有しており、自身が行う仕事によって助かる人が自社内のみならず社会に大勢居る事を理解してもらう事です。
企画を考案して実行に移す場合などは多くの時間と作業量を必要としますが、自身の企画が組織内のみならず社会的に見ても大きな意味があるものであると実感できれば企画を考案する事が負担にならなくなりますし、より一層多方面に目を向けたものが生み出せます。

すぐに褒めてあげる

また、まだ入社して日が浅いほどに自身に対して自信を持っていない方も少なくないので、部下が行った仕事などにより売上が向上した場合など些細な事であってもすぐに褒めてあげるのが2つ目のポイントとして挙げられます。
大きな変化はもとより、小さな変化であってもすぐに褒める事によって普段の仕事ぶりをしっかりと見てもらえていると感じられるようになるため、自信が持てるようになるのと同時にますます仕事への向き合い方が実直になります。
そして、期待を持っている部下であるからこそ上司の立場から見て今後より一層活躍して社内はもちろん、社会的にも欠かせない人材に成長してもらうべく指導をする事例も稀有ではありません。

指導と褒めることのバランス

見直す事によってより良くなる事を指導する時にはある程度褒める事が増えてきてから実行するのが3つ目のポイントであり、指導と褒める事のバランスを思慮する必要があるのは仕事への意欲が変化するためです。
指導が目的であったとしても、指導をすべき物事よりも褒める事が多くなってきた時に日頃の仕事ぶりを褒めつつ、今後より良くなる仕事の仕方を指導をしましょう。